从学生自杀来看日本校园欺凌问题_日语论文.doc

校园问题其实在很多国家都存在,但是日本尤其严重,甚至到了危及学生性命的地步。日本将象征2006年年度事态的汉字定为命,其中一个原因就是因为学生们在学校遭受欺凌后自杀轻生

要旨

 

 校内のいじめは「校内で発生したことで、自分より弱いクラスメートに身体或いは心理的な砲撃を続けていて、相手に非常に苦しみをあげた行為だ」ということである。日本校内のいじめは以前から存在して、今はもう深刻な社会の問題になる。近来、日本校内のいじめは多発して、一部の学生は苛められてから自殺してしまった。この問題は社会各界の注目を引き起こす。校内のいじめは多くの国家で存在する。しかし、日本では更に深刻である。2006年の年度事態を代表した漢字は「命」を定めた。一つの原因は学校で苛められた学生の自殺現象がたくさんある。本文は日本校内のいじめの問題の起源、原因、現状、解決方法から分析して、この現象を早く解決し、素晴らしくて平和なキャンパスを創造する。

 いじめは国境がない。日本学者の森田洋司は実証の方法によって、日本、おストラリア、イギリス、ノルウェー、アメリカなどの国のいじめ問題を研究する。1982年、ノルウェーで子供がいじめられてから自殺した事件が三回発生した。これをきっかけに、ノルウェーの学者はいじめの関する研究を始めた。イギリスも80年代に発生した自殺事件をきっかけに、全国から防備した措置を探究した。

  日本校内のいじめの問題の研究は主に原因、種類、対策から研究する。伝統的ないじめは大体暴力型、言語型、軽視型という3種類に分けている。しかし、情報化の社会の発展につれて、インターネットのいじめも日々に社会の注目を集める。いじめの原因は以下の三点がある。核家族の増加、家庭内部の交流の退化と家庭教育の弱化である。(2)激しい試験の競争、厳しい教育体制といじめの認識不足である(3)経済発展のマイナスな影響、和の観念、伝統的な集団主義と日本社会はいじめの行為を放任する。いじめの問題を解決するには、家庭、学校と社会の共同努力が必要である。いじめの問題は中国でも存在する。ただ日本よりひどくない。災害を未然に防ぐために、私たちは他国の経験を学ぶべきである。

 

キーワード:いじめ;自殺;種類;解決方法;原因

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

2.日本学生の自殺1

3.いじめの問題1

  3.2いじめの定義

  3.2いじめの問題の起源

4.いじめの方式2

  4.1暴力型

  4.2言語型

  4.3軽視型

  4.4インターネットのいじめ

5.いじめの原因3

  5.1家庭の原因

  5.2学校の原因

  5.3社会の原因

6.いじめの解決方法4

  6.1家庭の方面

  6.2学校の方面

  6.3社会の方面

7.おわりに 

参考文献.

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部