浅析日本的生食文化–以寿司为中心_日语论文.doc

日本是一个长寿的民族,目前其平均寿命居世界首位。除了自然环境及其他因素之外,追求自然的饮食习惯也是极为重要的因素。而且这些传统的饮食习惯等也不同程度地反映出日本饮

要旨

 

社会の発展と生活水準の向上につれて、現代人は食文化を健康につながり、もっと飲食を重視してきている。それで、近年来、食文化はますますみんなからの関心が集まり、人気な話題になっている。

国連の調査に基づき、世界において寿命が一番長いのは日本人である。日本も世界の第一長寿国と公認される。日本の独特の食文化が国民の健康と長寿を支えると言える。現在、日本料理は健康的な飲食として、アメリカとユーロッパなどの所で振り撒かれていて、自然にみんなの注目する焦点になっている。

日本は島国で、周囲が海に囲まれている。昔から周囲から文化を導入した。絶えず蓄積し、融合し、発展し、最後に日本列島の文化基礎ができた。日本の食文化はその基礎の重要な構成要素の一つである。

中国では「民は食が天とする」と言う古くから伝わってきた言葉がある。食は人間の生存に対して最も基本的な条件である。こういう飲食が文化の中になんと重要な地位をしめるか明らかである。私たちは一つの民族或いは国の文化を了解する時、先にその食文化を研究する必要がある。そのため、深く日本文化を了解するために、日本の食文化を研究するべきである。

日本の伝統的な料理は「食物の加工技術が最小化になるべきで、できるだけ自然に最も接近の状態で食べ、調味しない料理である」と思われる。生食文化は日本の食文化の一部分としてこの特徴を十分に表す。

本稿は寿司を中心に日本の生食文化と生食の影響を分析して、より日本食文化を了解して、更に日中両国の文化の交流をしてみるのである。

寿司は日本料理の特徴を現す代表の一つである。寿司は味が良くて、栄養が豊富で、日本人に人気がある。寿司は3世紀ぐらいに始まり、動物の蛋白質を貯蔵する形式の一種で、魚貝と肉類食品を貯蔵と保存する加工方法の一種である。

寿司の主要な材料はすし酢を入れるご飯で、栄養学に基づき、基本的な熱量と炭水化物が提供できる。寿司の主要な栄養の価値は外に包まれるノリとご飯の中に或いはご飯の上に置かれる刺身によって決まる。ノリには豊かなヨウ素、亜鉛、カルシウムなど重要な栄養素がある。更に、寿司は肉類、野菜などを包み、醤油とわさびなどをつけながら食べる。それは総合的な栄養の価値を高め、体の吸収

と健康に役立てるのである。

日本の生食文化は自然の生活理念に順応して、日本人が自然と融合する養生原則を表すのである。日本人の長寿は健康で栄養の生活習慣と切り離すことができない。私たちは日本の生食文化を学ぶべきである。

 

キーワード:生食;文化;寿司

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに.1

2.寿司を中心とする日本の生食について.1

2.1 寿司の起源

2.2 寿司の発展

2.3 寿司の現状

2.4まとめ  

3.寿司を中心とする日本の生食文化の形成の原因.4

3.1 地理的原因

3.2 歴史的原因

4.寿司を中心とする日本の生食文化の影響.5

4.1 生活習慣への影響

4.2 健康への影響

5.おわりに.6

参考文献7謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部