浅析志贺直哉作品对“死亡”意识认识–《范某的犯罪》《在城崎》.doc

通过对《范某的犯罪》和《在城崎》这两部志贺直哉前后期反应“死亡意识”作品的分析,结合时代背景与作家的人生经历,探讨其心境发生变化的原因,从而更好地把握日本社会转型

要旨

 

志賀直哉は日本の「白樺派」の代表的な作家の一人であり、文学史において「小説の神様」と呼ばれている。志賀氏と彼の作品に対する研究も多数ある。ただし、志賀直哉の作品を「前期」と「後期」に分け、「死」に対する認識の変化と変化の原因をテーマとする研究はまだ多くない。従って、本論文はそれをテーマとし、検討してみようとする。さらにその時代における知識人のイメージを全体的に把握し、日本の社会と文化をよりよく認識しようとする。

本論文は六つの章に分ける。まず、第一章において、研究方法と研究目的を解明する。それから、第二章において、志賀直哉の生い立ち、作品と風格及び志賀氏が属する「白樺派」を簡単に紹介する。また、第三章において、代表作の『范の犯罪』と『城崎にて』の創作背景と粗筋を紹介する。第四章において、主に上述した二つの作品を通して、前期と後期にわたり、志賀直哉の「死」に対する認識を分析する。その後、二つの時期を比較し、異同を論じる。第五章において、「山手線事故」、「父との和解」、「自主結婚観念の影響」、「女性に対する認識の変化」、「伝統的な無常観」及び「当時の社会環境の影響といった六つの方面から、「死」に対する認識が変わる原因を探求してみる。最後に、第六章において、結論を提出する。

 

キーワード:白樺派、志賀直哉、死、変化、原因

 

目次

要旨

中文摘要

1.はじめに1

1.1 先行研究

1.2 研究手段と目的

2. 「白樺派」と志賀直哉について.2

2.1 「白樺派」について

2.2 志賀直哉について

3.『范の犯罪』と『城崎にて』について3

3.1 『范の犯罪』の創作背景と粗筋

3.2 『城崎にて』の創作背景と粗筋

4. 志賀直哉の「死」に対する認識.4

4.1 対立の時期:『范の犯罪』から窺われる「死」に対する認識

4.2 調和の時期:『城崎にて』から窺われる「死」に対する認識

4.3 二つの時期の比較

5.「死」に対する認識が変わる原因について.11

5.1 山手線事故

5.2 父親との和解

5.3 康子との結婚の影響

5.4 キリストに対する認識の変化

5.5 伝統的な無常観の影響

6.結論.15

参考文献.16

謝辞

…………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部