日本語の曖昧さから見る日本人の人間関係

要旨 日本人が話をする時、曖昧で適切ではない表現方式は、日本語の著しい言語の特徴の一つである。これは、日本語学習の過程での難点でもある。日本語の曖昧表現は、形式が多様で、内包が豊富…

要旨

日本人が話をする時、曖昧で適切ではない表現方式は、日本語の著しい言語の特徴の一つである。これは、日本語学習の過程での難点でもある。日本語の曖昧表現は、形式が多様で、内包が豊富で、日本人の含蓄を体現している。同時に、よく人に誤解させられる。それで、正しく日本語の曖昧表現を理解して、もっと良く日本人と言語を行って交流することができて、もっと深く日本文化に対して理解できるだろうと思う。

本稿は日本文化の視点から出発し、日本の曖昧さの独特な文化現象について研究し、その形成原因に対して探究してみる。さらに曖昧語が人間関係にどれだけの影響を与えるのかを分析してみよう。

キーワード:曖昧語 地理環境 社会習慣  文化背景  人間関係 影響

中文摘要

日本人说话含糊、模棱两可、不确切的表达方式,是日语显著的语言特点之一,也是日语学习过程中的一个难点。日语的暧昧表达,形式多样,内涵丰富,体现了日本人的含蓄也常常被人误解。正确理解日语的暧昧表达,能够更好地同日本人进行语言交流,加深对日本文化的理解。

本稿从日本文化的视点出发来研究日本暧昧性这种独特的文化现象。并对其形成原因做了探究。最后,在暧昧语对日本的人际关系产生的影响方面试着进行了分析。

关键词:暧昧语言  地理环境  社会习惯  文化背景  人际关系  影响

目次

要旨

中文摘要

はじめに

1.曖昧の発生した原因

1.1地理環境

1.2社会習慣

1.3文化背景

2.曖昧な表現

2.1断定を避ける

2.2「副詞」の使いすぎ

2.3婉曲的な断り

3.曖昧の反映する人間関係

3.1曖昧さと人間関係との関連

3.2 人間関係に持ってくる曖昧さの影響

3.2.1曖昧さの積極な影響

3.2.2曖昧さの消極な影響

わりに

参考文献

はじめに

日本人は世界で曖昧語を最も多く使う民族である。曖昧表現は日本語の最も著しい特徴の中の一つだと言える。日本語の曖昧表現は日本の歴史や社会文化、審美意識などと密接な関係がある。日本人は話をする時、できるだけ相手に傷つけない、相手を困らせない。いつも相手の角度に立って、相手のために問題を考慮する。

日本語の曖昧語に関する研究はいろいろある。例えば、水谷修(1979年)はその著作『日本語の生態』の中で「日本語の曖昧な表現が日本人が共存と同一化および相手に配慮を与えるのを渇望する関係だ」という論述である(1979)[1]。直塚玲子の『欧米人の無口な時―異文化交流』(1980)の中で、『異文化の相互理解のため』という調査のアンケートを基礎として、欧米人の言語表現を照らし合わせて、日本語の表現の曖昧さを説明した[2]。さらに日本語の表現の曖昧さが日本社会や日本文化と密接なかかわりを持っているのを論述してきた。金田一春彦(1989)は『日本人の言葉表現』の中で、「日本人の言語生活の特色として、まず注意するべきなのは、言わないこと、書かないことこそ良い精神である」と指摘した[3]。その他に、日本人は間接的な表現と省略表現を通って、自分の考えを表す。このような特徴を持った日本人にとって、たとえ明確で言い出さなくても、聞き手が正しく話し手の意味を理解することができる。

要するに、日本語の曖昧さに関する研究成果はたくさんある。しかし、その中の大部分はただ日本語の曖昧さの表現形式及びその特徴の方面での研究だけに滞在した。本稿は日本文化の観点から出発し、日本の曖昧さの独特な文化現象について研究し、その形成原因に対して探究してみる。さらに曖昧語と人間関係とのかかわりを検討しよう。

1.曖昧の発生した原因

日本人は欧米人のように明確に自分の好き嫌いの取捨選択を表現していない。更に直接に拒絶することはできなく、普通婉曲で曖昧な表現方式を採用する。日本人の曖昧は言語上で表すだけでなく、行動と態度の上でもっと表現する。そして、その曖昧さの発生は日本の地理環境、社会習慣、文化の背景とはとても大きな関係がある。同時に、日本人の人間関係の付き合いの中でも、とても大きい効果を発揮している。

ご存知のように、日本民族の特色を持つ文化として、曖昧言葉は日常生活の中で日本人によく使われる表現方式である。それは日本語の中でとても重要な位置を占めている。日本語の中の曖昧な振る舞いは、日本人の伝統の生活の態度を反映しただけでなく、日本民族の文化個性及び生活の哲理の観念をも反映している。婉曲で含蓄な日本語は、 人々に楽しい社会環境と調和がとれている人間関係を持ってくる。「日本社会の人間関係の潤滑剤」と言える。そのため、すこぶる日本人に喜ばれる。 しかし、東洋文化に詳しくない外国人が困惑させられる。だから、正しく日本語の曖昧表現を理解して、もっとうまく日本人と言語で交流できるし、日本文化への理解も深まるになる。本稿は日本語の曖昧の発生する原因、および具体的な表現から、日本語の曖昧さが日本人の人間関係への影響を探究してみよう。

1.1地理環境

日本は島国で、それは大陸文化と明らかに区別した言語の特徴を持っている。それは単一の民族と単一の言語である。このような独特な言語の環境の中で、日本人は言語を通して思想の交流を行う方面にとりわけ便利になった。お互いに率直に言う必要はなく、ただ曖昧で婉曲な言葉だけをとって心底から理解することができる。よく知っている人間の会話の中で、言語のつながりが良く述べるように求めないで、いくつか要点を掌握さえすれば、十分である。例えば、日本の俳句の表現方法は、もし中国の言語の論理でそれを理解すれば、非常に難しい。しかし、日本語の言語の論理でそれを理解すれば、非常に容易になる。それに、非常に面白いと思っている。まさにこの原因で、俳句のこのような短い詩型の文学はようやく光り輝く業績を取ることができる。その自身の独特な言語の倫理の影響を借りて、すべての語句は拡大し、連想の空間は中国の言語よりさらに曖昧になった。日本の社会は大きな家族のように、小さい家族の中の言語の倫理がこの大家族の中できっと適用できる。従って、大量の省略、際限ないあいまいさ、婉曲的な表現などは、日本語の最も明らかな風格になった。

1.2社会習慣

その他、グループ主義の影響の下で、日本人は強烈な多くの人々に付き従う心理を形成した。彼らはグループの中の「私」を求めて、グループの中で「存在感」を探している。もしグループを離れて、彼らは危機がある。日本人は小さいときからグループ主義の教育を受けた。学校でも会社でも、日本人のイベントは主にグループのイベントである。日本人は何をするとき、できるだけ他人と一致する。もし過度に個人の意見を強調し、恐らく団体に外で排除させられる可能性がある。だから、日本人は個人の意見をあまり発表しない、たとえどうしても個人の意見のを発表していなければならない状況の下でも、いつも自分の意見の後で「私は…思います」をつける。他人の欠点を是正する時、いつも文の末で「…したほうがいいと思う」を足す。このような言い方は相手のメンツを保全する。しかしあまりにも曖昧な話は、誤解を引き起こすかもしれない。

1.3文化背景

日本文化は儒家思想の影響を深く受けて、「人の和は最も大切だ」、「礼儀正しさと謙虚」は日本人の処世の思想として、今日まで依然として重要な効果を発揮している。人々は微妙で、ほとんど直覚的な相互理解の過程を通して、人と人の間の調和を取る[4]。その上、公の場所で個人の見解をあまり発表しない。たとえ個人の見方を発表した時、できるだけ相手の感情を傷つけないために、礼儀正しい言語の表現を使う。彼らは個人の意志を他人に強要して与えない。このような習慣は彼らが演説する時にメンツを相手に残すようになる。その他、日本語の中の敬語は、正にこの文化の影響のまた1つの鮮明な結果である。敬語の中に厳格な等級の観念と尊卑の観念が存在している。変化した言語の形態と構造を通じて、彼らの社会の中での尊卑を表し、それによって、話をする時、慎重になる。だから、このような文化の背景の下で、言語が自然とすぐ体会と推測によることしか、理解していく。

2.曖昧な表現

日本人は日常のコミュニケーションの中に、できるだけ「言葉を衣に着せて出す」。そのために、省略、婉曲、含蓄、前置、付加成分、否定などの曖昧表現形式を使って、周囲の人や、相手には悪い、相手を傷つける、困らせる、相手に恥ずをかかせるなどといった言語行動を極力避けている同時に、威張りそうな、自慢的な姿勢を相手に示すことも避けたり、自分の立場を貶めたり、自我強調を避けたり、相手に謙遜と親しさをあげて対話を進める。

2.1断定を避ける

いくつかのぎこちない言語で表現する時、日本人はよく推定の語気を採用して表現している。彼らはあまりにも確かな表現が相手に話者の傲慢な感覚をもたらすと思っている。婉曲で、含蓄がある表現を通して、自分の考えを他の人に強要しないということを意味する。自分の主張を堅持しないのではない。日本語の中に不確定な助動詞や終助詞などがたくさんある。これらは語気を柔らかくする。例えば、「でしょう」のようで、「薪が湿っているから、火を点もないのだろう」。日本人はあまり確かな表現を使っていない。自分の言った意味が婉曲でそんなに直接でなくて、人に強要させる感覚のをできるだけ減らする。

日常会話ではよくこんな話が聞こえる。

①もしもし、田中ですが。

②これはほんのきもちですけど

③もぅ八時になったから、先生もまもなく来るだろう。

④何か言いたそぅだが、ついに何も言い出さなかった[5]

日本人が断言のような言い方が嫌いで、どうしても肯定しなければならない場合は文の最後に「けど」「が」など助詞を加え、文の意味に余地を残す。話し方を緩和し、婉曲に目的を表す。

日本人が話す時、よく硬い言葉の前に推測の言葉を入れる。あまりにも肯定しすぎると相手に傲慢な感じをさせると思われるからである。逆に、婉曲の言い方は自分が自分の主張を諦めるわけでわない、ただ、自分の思いを他人に押し付けないだけである。

会話の場合に、日本人は断定を表す助詞や助動詞や連語などをできるだけ避けると思う。「でも」、「など」、「ようだ」、「らしい」、「そうだ」、「でしょう」、「かもしれない」、「恐れがある」などをよく使われている。例えば、「コーヒーでも飲みませんか」には、「でも」はいったい何の意味か。「コーヒーを飲みませんか」と言えば、コーヒー以外は飲んではいけないというように、押しつけがましくなるので、「でも」を加えて、柔らかくする。

もう一つの例を見よう。「明日晴れるでしょう」には、末文で「でしょう」を付けるのは、何かの役目があるか。周知のように、天気予報でも当てにならないときもあるだろう。つまり、このような接尾語がをつけたら、断定の意が避けられるので日本人に好まれる。

2.2「副詞」の使いすぎ

日常の交際の中で、日本人はあまりにも明確であるいは徹底的で物事を陳述するのが好きではない。述べる時、できるだけ物の一部だけ触り、その核心を免れるようにする。このような明確ではなくて簡潔ではない表現は、語義が曖昧でぼんやりしている。それで、聞き手は自分の判断に頼って話者の本当の意味をとらえていくしかない。例えば、「どうも」は、異なる文脈の中で、異なる意味がある。「ありがとうございます」、「ご苦労さまでした」、「お久しぶりです」、「申し訳ありません」、「失礼します」などの意味を表すことができる。文脈と話者の実際によって具体的な意味を判断する。例えば「どうも雨そうだ」(雨が降るようだ)、「どうもありがとう」(誠実だとても感謝)、「どうもすみません」(非常だすみません)などである。日本人は人の招待を断る時、「ちょっと」の表現を使うことが好きで、「少し都合が悪い」という意味である。このような婉曲な方法は聞き手に心底から理解させて、双方を罰悪くさせない。

日本人は会話している時、いつも余地を残しがちではっきりするのが避けている。それであいまいな語気をするように、副詞をよく利用されている。「だいたい」、「なかなか」、「そろそろ」、「ちょっと」、「しばらく」、「くらい」、「ほど」などがあっちこっちにも見られてある[6]

例1:

A:こんにちは、お出かけですか?

B:こんにちは、ちょっとそこまで。

A:そうですか。気をつけて。

B:どうも。

これは外で知人と出会う時に、日本人の公式化した挨拶である。会話での表した「ちょっとそこまで」中の「そこ」はいったいどこか分らないだろう。聞き手の B ははっきりと言わないが、同じく尋ねる A も B がどこへ行くか質問する意図は全然ない。しかも日本人は相手に「どちらへお出かけですか」と質問しているのは、決して相手の行き先がしりたいわけでわないが、ただ知人との挨拶だけだ。聞き手の B は直ちに心で悟り「ちょっとそこまで」と回答する。こちらの「ちょっとそこまで」、 際は「ご心配なく」の同義語であろう。相手に行き先を告げることはない。したがって、聞き手は当然で根ほり葉ほり聞いたのではなくて、直ちに「そうですか、気をつけて」と答える。

2.3婉曲的な断り

日本語のクラスでは、聞き手に賛成する場合に「はい」を使い、賛成しない場合や反対する場合には「いいえ」を使うと習った。実は、生活の中でもよく「Yes」は「はい」が、「No」は「いいえ」という説がよく聞こえる。ところが、 際にはごく限られたシチュエーションしか「いいえ」のような生硬な否定の言葉は聞かれない。

相手のメンツを守るように、直接な拒絶方法はもちろんだめである。だが、直接に拒絶しないとは絶対に拒絶しないというわけではない。

例1:(遊楽園で母と子ども)

母:さあ、早く家に帰るわよ。

子:えー、別の乗り物に乗りたいよ。

母:だめ、だめ、もう帰るわよ、日が暮れるわよ。

子:えー、もっともっと遊びたいよ。

例2:(女の子の部屋で女の子と男の子)

女:もう遅いから、自分の部屋へ戻ってよ。

男:今度だけ、ここにいてもいいだろ?何もしないからさ。

女:だめ、だめ、だめー

男:そんな噛み付きそうな顔すんなよ。

前文から見れば、例文1は母と自分の子 の会話で、例文 2 は親密な恋人の間の会話である。つまり、会話する両方の関係は普通ではないが、礼儀正しくなくても大丈夫そうである。

上の例文を見て、その断り方は、直接で、あるいは、招きや頼みなどを無視するし、回避するの方法で拒絶する。一般に、仲が相対に親密な人の間に使われる。それにしても、 然として断られる側は気分が多尐すぐれないと感じられる。だから、普通関係の人の間に使われる可能性がとても小さい言うまでもない。

それでは、以下の方法は日本人が普段よく使っている。

相手のは満たせない場合

例3:

申し訳ございませんが、至急の仕事をしなければなりませんので……

例4:

車ですが、ちょうど今週の日曜日に家族連れでハイキングにいきますので、空いていないんです。あなたの必 な時に何もできなくて、どうもすみません。

上の二つの例文のように、相手のは満たせない場合に、よく「申し訳ございません」、「悪いけど」などで遺憾の意を表し、理由を相手に伝える。

3.曖昧の反映する人間関係

3.1曖昧さと人間関係との関連

日本人の性格の特徴は多くの方面で混合型を表している。米国の人類学者のルース・ベネディクトが日本人の性格への陳述のように、日本人は生まれつきが争いを好んだが温和に遠慮する。好戦的だが美感をあがめ尊ぶ。尊大だが雅やかで礼儀正しい。手なずけるがまた人に飾り付けたくない。忠節を守るが心は反逆がある。勇敢だが臆病でやぼったい。保守だが思い切って新しい生活様式を受ける[7]

世界では、日本は絶対に非常に儀礼を重んじる国に属し、日本人の交際はその自身の鮮明な特徴がある。彼らの交際の態度と方式は豪快で自由のアメリカ人と違い、質素で熱烈な中国人と異なる。日本人はいつも慎重で、謙虚で温和で善良な態度を持って他人と付き合い、気性は決して軽率で、居丈高に振る舞わない。

日本人は幼い時から大家族と村の影響を受け、共に働いて、及び共に自然災害に対抗するのに慣れていた。深く「内部の団結の力」を感じた。彼らの集団観念の強さは、その他の国より強い。成長した日本人は、家族を配慮する責任を引き受ける同時に、内外の調和がとれている重要性にも深くわかった。強大な依存心理は日本人に人との付き合いの曖昧な方法を細分化させる。こうして、みんなすべて傷つけられなく、「調和がとれている付き合い」をやり遂げることができる。

日本人は遠慮が好きで、ふだんプレゼントを送る時、「つまらないですが、どうぞ、お受け取りください」とよく言う。ご馳走する時は、「何もありませんが、どうぞ召し上がってください」とよく言う。自分の娘を紹介する時、「ふつつかな娘です」とよく言う。外国人の角度から見ると、あまりにも遠慮するようで、おかしい感じがある。実は、日本人は十分に相手を考慮し、相手のことを思いやる。例えば、「つまらないですが、どうぞ、お受け取りください」と言う時、相手が断らないで受け取るのを望む。「何もありませんが、どうぞ召し上がってください」と言う時、相手が安心して食べるのを望む。食べても答礼の宴席を設ける必要はないと感じさせる。

要するに、日本人は人との付き合いの時、十分に相手と情勢を考慮して、言語や動作などを通じて「調和がとれている」に達するのを求める。


[1]水谷修.日本語の生態[M].创拓社.1979年.P76

[2]直塚玲子.欧米人の無口な時―異文化交流[M].1980年.P58

[3]金田一春彦.日本人の言語表現[M].講談社.昭和50年.P92

[4]娜荷芽.「日本語の曖昧さ」[J].2012年

[5]娜荷芽.「日本語の曖昧さ」[J].2012年

[6] 娜荷芽.「曖昧表現」[J].2012年

[7]本尼迪克特.菊与刀[M].商务印书馆.1995.p12

……………………………………………………….

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

日语论文下载

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部