芥川龙之介作品《鼻》的心理分析_日语论文.doc

要旨:芥川龍之介は日本近代の有名な短編小説家であるとともに、新思潮派の傑出した代表作家である。『新思潮』の上で発表した『鼻』が夏目漱石に認められた。彼の作品は独特な構想、簡潔なスト…

要旨:芥川龍之介は日本近代の有名な短編小説家であるとともに、新思潮派の傑出した代表作家である。『新思潮』の上で発表した『鼻』が夏目漱石に認められた。彼の作品は独特な構想、簡潔なストーリー、際立ったプロットを特徴として高評価を受けている。特に、人間性のある方面が深刻かつ鋭敏に分析されている。本論文は芥川龍之介の初期の短編小説「鼻」によって書きに出たので、この作品における登場人物達及び心理状態を描写する。『鼻』は構想が巧妙で、奥が深いと思う。主人公禅智内供は彼の他人の違う鼻にとても悩んでいる。彼の内心では自尊心を傷つけられていた。そして、内供はさまざまな鼻を短くする仕方を試して、プライドを守る。この論文の中で重点的に描写したのが内供に自身の心理に葛藤である。彼の気持ちは鼻の長さの変化のため絶えず揺るがせる。同時に町の中の庶民、お寺の弟子立ち、武士などの傍観者のエゴイズムを巧みに描いた。傍観者のエゴイズムによって、人間の軟弱と醜いのがはっきりして表れる。人間性の醜いとエゴイズムに厳しい批判が芥川龍之介文学の重要な特徴であることを分析し、更に、『鼻』を中心にする人々の心理活動と作品の中で具体的な芥川龍之介の創作心理の形成原因を検証する。

 

キーワード: 作家 鼻 主人公 エゴイズム 心理状態

 

目次

要旨

中文摘要

はじめに1

1、作品『鼻』についての紹介1

1.1、作者の紹介1

1.2、作品『鼻』のあらすじ2

2、作品『鼻』における主人公内供の心理分析2

2.1、積極的な心理状態3

2.1.1、他人より優越感を感じる補償的な心理状態3

2.2、消極的な心理状態3

2.2.1、自尊心3

2.2.2、虚栄心4

3、作品『鼻』における傍観者のエゴイズム4

3.1、庶民の幸いな喜びます4

3.2、お寺内の弟子たちのエゴイズム5

3.3、武士は無関心な態度5

4、作者の創作心理形成原因5

4.1、家庭と社会の影響6

4.2、ブルジョアジーの束縛6

終わりに7

参考文献8

謝辞9

………………………………………………………

由于篇幅所限,此处不能完全刊载论文全部内容,如需完整论文内容,请点击下面链接去下载全篇论文的完整文档!

 

作者: 免费论文网

为您推荐

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。

关注微信
微信扫一扫关注我们

微信扫一扫关注我们

返回顶部